TOP >  【検査の休止】胃カメラ及び大腸カメラ及び超音波による検査を休止します

【検査の休止】胃カメラ及び大腸カメラ及び超音波による検査を休止します

緊急事態宣言を踏まえ、当院での胃カメラ及び大腸カメラ及び超音波による検査を緊急の場合を除き、当分の間休止とさせて頂きます。
コロナウイルスの感染経路は飛沫感染、接触感染が基本であり、2019新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)も主な感染経路は同様であるとされています。消化器内視鏡診療にあたっては、特に経口・経鼻での施行では患者の咳嗽を誘発する場合もあり、エアロゾルによる医療従事者への感染も危惧されます。内視鏡検査室など密閉された空間で、高濃度の汚染されたエアロゾルに一定程度の時間曝露した場合には、エアロゾルによるウィルスの伝播が高頻度で起こりうると考えられます。また、糞便からのウイルス排出の可能性も指摘されており、下部消化管内視鏡検査における潜在的な感染リスクもあるとされております。
検査を予定されている方には順次ご連絡をさせていただいております。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解の程、よろしくお願いいたします。
【参考】
日本消化器内視鏡学会

消化器病学会